死にたい人へのメッセージ

自殺防止の文章集

生きることは、基本、苦しい

f:id:saitokenichi:20180318184113j:plain

著作者:
Rachel.Adams
 
 
 

 

 私は、今、生きていますが、基本的には、苦しいです。今は三連休の最後の休日なので、肉体の疲れはあまりないです。しかし、一日でも肉体労働の仕事をすれば、もう、帰り際の運転の最中でも、とても疲れ果てています。

 

 もっと楽にならないかなぁ?とも思いますけど、現状、無理です。この肉体というやつは、とても疲れ易く、直ぐに疲弊します。疲労感が中々抜けません。

 

 その為、休日も、ずっと疲れ果てたままです。まあ、流石に、二日目の休日になれば、かなり疲労感は取れていますけど。

 

 この三連休には、最後の仕事日の帰り際に、銭湯に行きました。水風呂とか、普通の風呂とか、サウナとか、色々あるので、自宅の風呂よりも疲労回復に効果がありましたので、翌日はずっと楽でした。

 

 でも、お金は当然かかります。駐車場代もかかるし。

 

 まあ、このように、肉体の疲労感から来る苦しさも当然あります。肉体が疲弊していると、当然、その肉体に宿る精神も疲弊します。いくら精神面でやる気に満ちていたとしても、肉体が少し動かすのにも疲れ果てるようであれば、もう、ほとほと生きることは嫌になってしまうでしょう。

 

 単なる疲労感でさえ、これ程の徒労感を感じるのですから、本格的に、癌などの重い病に肉体が侵食されたならば、もう、もっと生きるのが嫌になってしまうかもしれません。

 

 それは、当然なのです。特にどこも現状、病気ではない私の肉体でさえ、まだ36歳の私の肉体でさえ、これだけの疲労感があるのですから。もっと年上で、しかも大病を患っていたり、障害者であったりするならば、猶更、生きることは嫌になっていることでしょう。

 

 実体験はありませんけど、想像は出来ます。

 

 その他にも、この世で生きていくには、お金が要ります。貧乏は嫌です。清貧と言いますが、清貧よりも、お金がある正しき人の状態の方が、より望ましい。

 

 だって、もしもガンになってしまったら、貧乏では、対処できない。普段からガン保険に加入するのだって、お金が必要だ。

 

 私は今、アフラックの医療保険で、がん保険も加えて、毎月約6400円位も支払っています。これも、けっこうキツいです。でも、もしもガンやその他の病気や怪我をした時に、薄給では対処しきれないので、加入している次第です。

 

 本当に、この世は、何をするにも、金が掛かります。薄給の身にはキツいですね。

 

 本当に、生きていて、楽だと感じた瞬間は、無いでしょうね。

 

 生きるということは、基本的に、苦しいです。楽しいと思った瞬間さえないです。

 

 東京にあった、トヨタ車の大型展示場に行ったことがあります。そこは、今はもう無いかもしれません。でも、そこに行った時には、トヨタ車のコンパクトカーとか、ミニバンとか、ランドクルーザープラドとか、色々乗れました。試乗は無理でしたが、展示車に乗り込むことは出来ました。

 

 しかし、それらを買う金なんて、到底、今の私にも、過去の私にもないのです。昔も今も薄給だからです。いつでも貧乏なのです。

 

 そう、この世は、何をするにも、金が常にかかります。隣町に移動するだけでも、バス代やら電車賃やらかかります。何をするにも、金が必要なのです。

 

 このように、肉体面でも、金銭面でも、両方、苦しいのです。勿論、人間関係でも苦しいでしょう。

 

 とにかく、人生は、元々、楽だと思わない方がいいです。

 

 

 

 

 

 

❤投げ銭のお願い

 当サイトの記事を読んで自殺を止められた方は、その対価として投げ銭をください。振込先 ↓ 投げ銭をお願いします!